" />

4月8日

投稿日:

お釈迦さまの誕生日

「天上天下 唯我独尊」

お釈迦さまが誕生した時、すぐに東西南北にそれぞれ7歩ずつ歩いて、立ち止まり、右手で天を、左手で地を指差し天上天下唯我独尊」と叫ばれたとされています。「花まつり」で見るお釈迦さまの像も、このときのポーズをしています。

すべての人の命に等しい価値があることを教えられた言葉です

何の為に生まれてきたのか
何の為に仕事をして生きているのか
苦しくても生きねばならないのはなぜか

人生の目的を教えられたのが

お釈迦さまであり

仏教なのです

どんな人も尊い目的を果たす為に人間に生まれてきた

すべての人は平等であると仰ったのが

天上天下 唯我独尊

というお言葉なのです。

4月8日、ルンビニー園の花は満開で、その中で誕生されたことから「花まつり」といわれるようになりました。

花祭りの呼び名

灌仏会(かんぶつえ)
仏生会(ぶっしょうえ)
降誕会(ごうたんえ)
浴仏会(よくぶつえ)
龍華会(りゅうげえ)
花会式(はなえしき)

花まつり」では、お釈迦様の像に甘茶をかけてお祝いします。

これは、お釈迦さまがルンビニー園で生まれられる時、うぶ湯の為に、天に9匹の龍が現れ甘露の雨を降り注いだということに由来しています。それで、日本では、ある頃から、甘茶をかけるようになりました。

7歩ずつ


私たちの生命は「六道」という迷いの世界を輪廻している、と仏教では教えられています。

7歩の7は「6+1」を意味しています。
六道1は1歩出るということで出離(しゅっり)を表します。
六道六界)とは、仏教で、六つの世界があると教えられています。

地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界で、いずれも苦しみ悩みの絶えない世界なので、迷いの世界といわれます。

この迷いの世界から出て離れて、幸せの世界へ往くことを、六道出離といって、それを、7歩で表わされているのです。

すべての人に「人間に生まれた目的は、この六道を出離して真の幸福になることである」と示されたのです。これが「7歩」の意味です。

地獄界:最も苦しみの激しい世界

餓鬼界 : 食べ物も飲み物も皆、炎となって食べられず飲めず、飢えと渇きで苦しむ世界

畜生界 : 動物の世界。弱肉強食の境界で、常に不安におびえている世界

修羅界 : 常に絶えない争いのために苦しむ闘争の世界

人間界 : 苦楽相半ばしている、我々の生きている世界

天上界 : 六道の中では楽しみの多い世界だが、悲しみもあり寿命もある

生まれ難い人間に生まれることができてよかった、という生命の歓喜

「人身受け難し、今已に受く

仏法聞き難し、今已に聞く

この身今生に向って度せずんば

さらにいずれの生に向ってか

この身を度せん」

生まれ難い人間に生まれ、聞き難い仏法を聞けてよかった

今、この世で生きる目的を果たさなければ、いつの世でできるであろうか

永遠の幸せになるチャンスは今しかない 。

人間に生まれる 

あるとき、お釈迦さまがお弟子に

「例えば、大海の底に1匹の目の見えない亀がいて、100年に1度、海上に浮かび上がるのだ

その海には、1本の浮木が流れている

その木の真ん中にはひとつ、穴が開いている

目の見えない亀が100年に1度浮かび上がったとき、ちょうどその浮木の穴へ頭を突っ込むことがあるだろうか」
と尋ねられました。

阿難という弟子が、そんなことは毛頭、考えられません
と答えると、お釈迦さまは、
「誰でも、そんなことはありえないと思うだろう

だが何億兆年よりも永い間には、絶対にない、とは誰も言い切れない。

人間に生まれることは、これよりも難しい。有り難いことなのだよ」と仰っています。

生きている今、男女、年齢、貧富の差、人種や民族に関係なく、誰でも絶対の幸福になれる。これが、私たちが人間に生まれてきた本当の意味であり、今がこの幸せになれる最大のチャンスです。

仏法を聞けば、「天上天下、この広い大宇宙で、今、私が生まれてきたのは、この幸せになるためであった」と心から喜べる人生が開かれるのです。

-てふてふ通信, 新秘

Copyright© 新秘 神様・仏様の新しい秘密を知ることができ〼 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.