" />

魔除けの神の威力

投稿日:



鍾馗(しょうき)

髭をたくわえ

右手に破魔の剣を手にし

左手で八苦を抑えて

大きな眼で

ギョロリと睨む

道教の神

「鍾馗」

治まる御代を守る

魔除けの神の威力

 

魔よけの効験があるとされ、旗・屏風・掛け軸として飾り

屋根の上に「鍾馗」の像を、のせたりすることもあります

端午の節句にも五月人形の隣に飾るご家庭もありますね。

まるで「閻魔大王様」みたいな風貌ですね!

閻魔大王様と勘違いされることも多い鍾馗様ですが、まったくの別人なのですよぉ~

伝説

鍾馗様の伝説は、古代中国「」の時代のお話になります

当時、終南山という地に錘馗という青年が住んでいました。

彼は高級官吏となるべく都に行き、試験を受け見事に首席合格をし「状元」という称号を受けます

 然り、髭面 で大男の彼は人相がとても悪かった為

謁見した「玄宗皇帝」に怖がられ

状元の称号を取り消されてしまい、絶望した錘馗は自殺してしまうのです

※ 謁見とは、身分の高い人のお目にかかること。

神様として祀られる

 その後、玄宗皇帝はマラリアにかかり、病の床についてしまいます。

高熱でうなされる夢の中で、皇帝は宮廷内で自分に取り憑く多くの悪鬼を、どこからともなく「大鬼」が現れて退治する夢を見ました

皇帝は夢の中で「お前は誰だ」と尋ねると、自分はあの終南県出身の「鍾馗」だと言いました。

 「自分は官吏の試験に落ちて絶望して自殺したが…

手厚く葬られたのでその恩に報いるため、天下国家の災いを除くことに執心しようと誓いを立てました」。

と、言いました。

 夢からさめた玄宗皇帝は、不思議と病気が全快していた事に気付きました

皇帝は自分の短慮を深く後悔し、急いで画家を呼び夢で見た鍾馗を描かせました

皇帝は、自分の命を救ってくれた錘馗を今後は「神」として定め、祀ることにしました

以来「錘馗」様は、受験の神様・疫病除けの神様として祀られるようになりました。

端午の節句では赤ちゃんを病魔から守り、鍾馗様を飾るようになりました

自殺とあるが、実は事故だった‼

謁見した「玄宗皇帝」に怖がられ、状元の称号を取り消されてしまい、絶望した錘馗は自殺する‼

と記して伝えられていますが…

実は鍾馗様は死ぬつもりなどありませんでした

 鍾馗様は、大変な努力家で試験を主席通過する程の頭の良い人です

そして手厚く葬られた恩を忘れない、情深い優しい人だったのです

高級仕官への夢も、怖い顔が理由で道を閉ざされ深く悩み悲しみ、顔を打ち付け自害したとありますが

自害するつもりではなく、自分の顔を見ないで済むようにと「目」を潰したのです。

悩みの種を克服するには目を潰し、先に進もうと決意したのでしょう‼

ですが、目を潰したことにより想定以上の多量の出血が原因で結果、亡くなってしまいました。

 

-てふてふ通信

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.