" />

精霊馬

投稿日:

お盆

お盆になると、なすときゅうりを使って牛と馬を作る「精霊馬」があります。

お盆とは、亡くなった先祖の霊が帰ってくる時期であり、追善供養したり感謝する期間のことを指します

お墓参りをしたりお供え物をしておもてなしをします。

お盆に「なす・きゅうり」で作る馬と牛は「精霊馬・精霊牛」

と呼ばれ、お盆に、ご先祖様が行き来する乗り物として作られました。

なすきゅうりで作った精霊馬の意味とは

(精霊とは先祖の霊を意味する言葉です) 

・「きゅうり」は足の速い馬として見立てられ、あの世から早く家に戻って来れるように。

・「なす」は歩くのが遅い牛として見立てられ、少しでもこの世から帰るのを遅らせようとしたとされています

(お盆にご先祖様を供養するお供物などを持ち帰ってもらう為に、牛にしたとも言われています。)

帰りは早く、行きは遅く」という気持ちが込められています。

 一般的には7月12日がお盆入りとなります

13日を迎え盆とされている事が多く、15日・16日のどちらかを送り盆とされています。

「精霊馬」は、13日の朝に精霊棚を作り、この棚の上に「なす」や「きゅうり」で作った精霊馬を置いて飾りましょう。

お盆が終わった後

お盆が終わった後はどのように処分するべきなのでしょうか⁉

昔は川などに流していましたが、現代では環境問題上それは難しいことですね

そこで、家庭で捨てる方法がございます。

そのまま生ゴミとして捨てるのではなく、塩でお清めをして白い紙に包んで捨てる方法です

捨てる時には、きちんと感謝の気持ちを込めるのが良いでしょう。

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.