" />

秋土用

投稿日:

2018年10月20日は秋の土用の入り

土の神である「土公神(どこうじん)が支配する期間とされ、土いじりは控えた方が良いとされています。

土をつかさどるこの神は、季節によって遊行するとされ、春はかまど、夏は門、秋は井戸、冬は庭にいるとされた。

遊行している季節ごとに、かまどや門、井戸、庭に関して土を動かす工事を行うと土公神の怒りをかい、祟りがあると言われます。

土公神はかまどの神ともされ、不浄を嫌い、刃物をかまどに向けてはならないとされています。

また、土の気が乱れやすい時期でもある為その影響で疲れを感じやすく、このところの寒暖差とも併せ気持ちの浮き沈みも激しいかもしれません。

こういったタイミングではゆっくり休む時間を取り、心身共にリフレッシュすることがお勧めです。

何かしていたい場合は整理整頓に努めたり、食欲の秋ですから消化の良い美味しいものをたくさん食べても良いかも知れませんね

すっきりとした気分で秋土用の期間を終えられますように・・・

秋の土用に食べるといい

土用辰の日

秋の土用は辰の日に「」のつくものや、青物を食べましょう。

 

秋刀魚(青魚)大根玉ねぎ等々

辰の日は10月27日(土)ですよ。

秋の土用は立冬の直前「10月20日~11月6日」の約18日間です。

夏の疲れがでたり、老ける事に要注意です‼ギック

 

因みに、土用と聞くと丑の日うなぎを食べる事はご存知でしょうが実は春夏秋冬にて変わるのです。

・春  「」のつくものや白いもの いわし・イカ・しらす・いちご・インゲン豆・芋・大根・

・夏  「」のつくものや黒いもの うなぎ・梅干し・うどん・瓜 土用しじみ・土用卵

・秋  「」のつくものや青いもの 秋刀魚・大根・玉ねぎ

・冬  「」のつくものや赤いもの ひらめ・ひらまさ・トマト

五行思想

雑節とは、一年間を24等分にした「二十四節気」だけでは十分に季節の変化を読み取れない

そこで、二十四節気を補助するために日本独自で考えられた歴になります。

五行思想(万物は木・火・土・金・水からなる)では「」が割り当てられ

季節の変わり目に土が割り当てられることから「土用」といわれるのですね。

 

 

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.