" />

無病息災

更新日:

春の七草

1月7日に『春の七草』を食べると、無病息災になります。

年明けの1月7日は別名『七日正月』・『七日節句』とも呼ばれ

朝に七草がゆを作って食べる風習があります。

 

春の七草

春の若菜の中で代表的な7種を選んだもの

1.・蘿蔔(すずしろ)

 大根の葉になります。

2.・(せり)

 仙台芹は有名ですね、根っ子まで美味しく頂けるんですよ。

3.・繁縷(はこべら)

 ハコベとも呼ばれ、花言葉は、愛らしい・初恋の思い出・逢い引き・密会

意味合いとしては、過去に好きだった人に贈るような花言葉のようです。

4.・仏の座(ほとけのざ)

 三界草とも呼ばれるが、正式には「田平子」が本来の七草である

上の方の2枚の葉のつきかたが 、仏様の円座に似ていることから「仏の座」とも呼ばれます。

5.・(すずな)

 蕪(かぶ)です、「すずな」は蕪の昔の呼び名になります。

6.・御形(ごぎょう)

 昔は草餅の材料だったが、明治頃から「よもぎ」が材料に代わりました。

7.・(なずな)

 ペンペン草です!食べられるなんて、ただの雑草だと思っていました

中国では止血剤、 ヨーロッパでは通風、赤痢 などの薬として使わているそうです。

七草の名前 込められた意味
1.スズシロ 汚れのない清白
2.セリ 競り勝つ
3.ハコベラ 繁栄がはびこる
4.ホトケノザ 仏の安座
5.スズナ 神を呼ぶ鈴
6.ゴギョウ 仏体
7.ナズナ 撫でて汚れを除く

 

春の七草を「七草粥」に入れて食べよう

一年の無病息災を祈る

お正月の食事で疲れた胃を休ませる

緑の乏しい寒中に食べ、邪気を払い 縁起を祝った

中国の古い風習が日本にも伝えられ、春の七草になった言われています。

 

こちらは、有名な古歌ですね

春の七草

「せりなずな  ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ  これぞななくさ」

秋の七草

「はぎききょう くずおみなえし ふじばかま おばななでしこ これぞななくさ」

文字数が、57577でぴったり合うんですよ。

-てふてふ通信

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.