" />

歳神様を迎える日(3)

更新日:

 大掃除

 

日本で年末の大掃除は「神聖な儀式」として始められました

新年に神様を気持ちよくお迎えするために

住居も心も綺麗にし神様を迎え入れる準備です。

神様をお迎えすることは、その年の安泰と幸運を願い

八百万に感謝するという意味です。

大掃除も新年の風習も すべてはこの神様に気持ちよく

来ていただき過ごして頂く為の儀式であります。

すす払い

古く江戸時代には 大掃除は「すす払い」と呼ばれ

12月13日に行われ、年の瀬ぎりぎりではなく

少しでも早くから身辺を清めて、来年の幸運をもたらす

歳神様に来て頂く為なのです。

実際には 奉公人が新年を国元で過ごせるように

早目に行ったという事情もあるようで

善は急げ」という気持ちが

どこの商家にも家庭にもあったようです。

正月事始め

12月13日

この12月13日を「正月事始め」の日とも呼び

お正月を迎えるための一連の行事がスタートする日

大掃除をするのも、しめ縄を飾るのも門松を置くのも

これらはすべて新年に歳神様にお越し頂く為の一連の行事であり

現在では、さすがに12月13日は大掃除の時期としては

早すぎますが、少なくとも年末の3日間は日頃

手の届かない所から掃除をしてみてはいかがでしょうか?

掃除

掃除には「掃き清める」という意味があり

さらに「祓い清める」という精神的な意味もあります

物理的に見える場所の掃除をすることを通じて

自身が抱えている罪や穢れも払うことができる

という考え方があったそうです。

今年があまり良い年でなかったと思う人ほど

一生懸命に年末に大掃除

住居も心も綺麗になれて、さらに福をもたらす

歳神様にも来てもらえるのです

「きたない家には、行かないぞー!」

とまあ、年末の大掃除には意味がある訳です。

例え、この意味を知らなくても、人間には

万事にわたってケジメが必要です。

けじめをつけないことが習慣になってしまうと!

それこそ一事が万事で、だらけた生活が日常に

なってしまうワン

一年の始まりのお正月を迎えるにあたって

何のけじめもつけないことって、少し寂しくないですか?

家が綺麗になって、整理整頓がいきわたって

悪いことは何一つありませんね。

しょっちゅうとなれば大変ですが、せめて年末は

大掃除の意味を思い起こして掃除に精を出そうではありませんか。

汚い家には、人間も神様も入りたくありませんね

神様を迎える準備はしておいてもバチは当たりませんし

気持ちはスッキリしますね

 

神様は、その様な状態が一番来て貰えるのです

来客を招く時と同じですね



-てふてふ通信

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.