" />

捨て猫

更新日:

里親さん求む


2018/08/11の夜20:00過ぎの、お話でございます、お水が有名なこの場所、湧き水を汲みに行きました。

駐車場に車を停めて、神社に行こうとしていたら、暗闇の中こちらに勢いよく走ってくる足音が聞こえ!私の足元に飛びついてくる何かが⁉

それは、子猫だったのです‼ いままで野良猫・捨て猫との出会いは沢山ありましたが、このような出会い方は初でした!

それはまるで子犬のような人懐っこさで離れようとしません、私は猫を飼っています二匹の保護猫です

車には幸いにも、買ったばかりの猫の餌がありましたので異常な興奮をしている子猫にご飯をあげました

うめーうめゃ~と泣きながらご飯を食べだしました(猫を飼っている方ならご存知でしょうが本気の腹ペコ状態での食事は喜びの余り喋ります)

青麻神社この神社には猫をよく見かけます、子猫の里親募集もみかけたこともありますし地域猫もよく見かけます。

神社に猫といった事は、比較的アルアルなのでしょうが、過去の子猫も地域猫もこの神社では面倒見の良い好印象でした。

子猫にご飯をあげながら私は外出していたパートナーに電話をかけていました

用事を切り上げ迎えに行くからと電話を切り終えると、ご飯を食べ終えた子猫は私の背中に乗り頭の方へと、とても人懐こい子猫です♪

そのまま子猫は私の上で遊び続けていると、車の下からもう一匹の子猫が出現してきました‼

夢中でご飯を食べています、どうやら兄弟のようですね

二人共にご飯を食べ終えてリラックスモードになりましたが、ここは目の前が道路で危ないので神社の中へ移動させよう

子猫たちは子犬のように自ら付いてきます 鳥居の側に近づいた時に新たな猫の鳴き声が聞こえてきました

それは以前からいる先住猫でした あれぇーこの子が母親だったのかなと安心感が湧いてきたのですが

実は私は 先日も ここ青麻神社に用事があり来ていました 子猫の存在等は一切ありませんでした

先住猫と子猫たちの様子を見ていても解ります 親子関係では明らかに違う様子でした。

神社の中ならば車は安全ですので、先ずは神社の中に慣れさせようとご飯や水を置き遊ばせていました

二人とも男の子です

ブルーアイですニャ

神社の中にもだいぶ慣れてきた様子です

どこに行くにも付いてきてしまう人懐こい子猫です、神様に子猫たちの無事を願おうと本殿で手を合わせていても、少し休憩をしようとベンチに座っていても離れようとしませんでした。

子猫たちが少し落ち着いたところを見計らい、私はパートナーを迎えに行くために車を走らせました(実はこのとき私の車には猫がいました よく一緒に出掛けるですが、車に乗せられなかった理由の一つです)

パートナーを乗せ再度車を青麻神社に走らせていると車中での話で私は、私自身も少し落ち着きを取り戻し冷静になってきたのか子猫たちの事を考えていると一つの推理がでてきました

それは、子猫たちは前日はいなく大きさも恐らく生後3ヵ月程であり、先住猫とも結びつかない‼

そんな事を考えていると、ふと神社の中で子猫たちと二時間ほどいたのですが、その間人は誰も来ませんでした

正確に言うと、神社の中には誰も入ってこなかったが正確な言い方でした。

途中、人の気配を感じどうやら神社の入り口付近でひそひそと小さい声で話をしているのがわかりました

神社の中には結局入って来ることはなく、そのまま中年の夫婦らしき二人は車を走らせ去っていったのです。

そんな事を青麻神社に向かう車の中で話していると、「子猫たちの様子を見に来たんじゃない⁉」という言葉が! 私も何だかそんな気がしてきました

青麻神社に着くと子猫は三匹に 

可愛い女の子が増えていました‼

可愛く小さい女の子

そこには、三匹の中で体の小さい子猫が増えていました、仲良く三人でいてくれたことが幸いでした

女の子で、二人に比べるとおとなしい感じの可愛らしい子猫でした

新しく子猫用のご飯を持ってきたので早速あげると、またしても「ウミャーー」と泣き叫ぶようにご飯を食べています

おそらく、この女の子は時間の時系列から考えてみても、再度この青麻神社に捨てられたのだと思います。

どうか心ある優しい飼い主様が見つかりますようにと神様にお願いしてきました

これをみた猫好きな方 よろしくお願いいたします。

場所はコチラです

青麻神社

〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切青麻山

 

追記

2018/08/12 用事があり、夜遅くになってしまいましたが、子猫のその後の様子をみようと青麻神社に寄ってきました。

子猫たちの姿は見当たらず、きっと心優しい神社の方々が保護してくれているのだろうと帰宅してきました。

また、早い時間に様子を見に行きたいと思います。

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.