" />

後生の一大事

投稿日:

 

ある時 釈迦が托鉢(たくはつ)

大きな橋の上で 辺りを憚りながら一人の娘が

しきりと袂へ石を入れているのを見つけた

自殺の準備に違いない 

と知った釈迦は、急いで近寄り 優しく 事情を尋ねた

相手が釈迦と分かった娘は、心を開いてこう打ち明けた

お恥ずかしい事ですが、ある人を愛しましたが、捨てられてしまいました

世間の目は冷たく お腹の子の将来などを考えますと、死んだほうが

どんなに苦しまず楽だろうと どうかこのまま死なせてくださいませ

娘は、力をなくしその場に泣き崩れた

その時釈迦は、哀れに思い こう諭している

 

愚かなそなたには、例えをもって教えよう

「ある所に 毎日 重荷を積んだ車を

朝から晩まで引かねばならぬ牛がいたのだ

つくづくその牛は思った

“なぜオレは毎日

こんなに苦しまねばならぬのか

自分を苦しめているものは

いったい何なのか”と考えた

“そうだ! 

この車さえなければ

オレは苦しまなくても良いのだ”と

牛は車を壊すことを決意した

ある日 

猛然と走って 

車を大きな石に打ち当てて

木っ端微塵に壊してしまったのだ

ところが飼い主は 

こんな乱暴な牛には

頑丈な車でなければまた壊されると

やがて鋼鉄製の車を造ってきた 

それは壊した車の何十倍

何百倍の重さであった

その車で重荷を同じように毎日引かされ

以前の何百倍 

何千倍苦しむようになった牛は 

深く後悔したが 

後の祭りであった

 

牛が ちょうど 

この車さえ壊せば苦しまなくてもよい

と思ったのと同じように

そなたはこの肉体さえ壊せば

楽になれると思っているのだろう

そなたには分からないだろうが

死ねばもっと苦しい世界へ

飛び込まなければならないのだ。

その苦しみは

この世のどんな苦しみよりも

恐ろしい苦しみなんだよ

 

そして釈尊は

すべての人に

“後生の一大事”

のあることを諄々と教えられた

娘は、自分の愚かな考えを深く後悔し

釈尊の教えを真剣に聞くようになり

幸せな生涯を生き抜いたという。

 

自殺というのは 

生きるよりも辛く 

苦しい事である

死んだ後に後悔する方が

もっと 

苦しいのです

 

もし 

生きることに疲れたなら 

何に対し疲れたのか

仕事 

人間関係 

様々な理由の中で 

1つだけ 

声に出して言って見てください

それを 紙に大きく書いて

その紙を 破りましょう

少しは 

落ち着くはずです 



-お子様向け, 新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.