" />

大祓詞物語

投稿日:

大祓詞

高天原に神留り坐す 皇親神漏岐 神漏美の命以ちて 八百萬神等を神集へに集へ賜ひ 神議りに議り賜ひて

我が皇御孫命は 豊葦原瑞穂國を 安國と平らけく知ろし食せと事依さし奉りき 

此く依さし奉りし國中に 荒振る神等をば 神問はしに問はし賜ひ 神掃ひに掃ひ賜ひて 語問ひし 磐根

樹根立 草の片葉をも語止めて 天の磐座放ち 天の八重雲を 伊頭の千別きに千別きて 天降し依さし奉りき 

此く依さし奉りし四方の國中と 大倭日高見國を安國と定め奉りて 下つ磐根に宮柱太敷き立て 

高天原に千木高知りて 皇御孫命の瑞の御殿仕へ奉りて 天の御蔭 日の御蔭と隠り坐して 

安國と平けく知ろし食さむ國中に 成り出でむ天の益人等が 過ち犯しけむ種種の罪事は 天つ罪 國つ罪 

許許太久の罪出でむ 此く出でば 天つ宮事以ちて 天つ金木を本打ち切り 末打ち断ちて 

千座の置座に置き足らはして 天つ菅麻を本刈り断ち 末刈り切りて 八針に取りさきて 天つ祝詞の太祝詞を宣れ

此く宣らば 天つ神は天の磐門を押し披きて 天の八重雲を伊頭の千別きに千別きて 聞こし食さむ 

國つ神は高山の末 短山の末に上り坐して 高山の伊褒理 短山の伊褒理を掻き別けて聞こし食さむ 

此く聞こし食してば 罪と言ふ罪は在らじと 科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く 朝の御霧 

夕の御霧を 朝風 夕風の吹き払ふ事の如く 大津辺に居る大船を 舳解き放ち 艫解き放ちて 

大海原に押し放つ事の如く 彼方の繁木が本を焼鎌の敏鎌以ちて 打ち掃ふ事の如く遺る罪は在らじと 

祓へ給ひ清め給ふ事を 高山の末短山の末より 佐久那太理に落ち多岐つ 速川の瀬に坐す瀬織津比賣と

言ふ神 大海原に持ち出でなむ 此く持ち出で往なば 荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百會に坐す

速開都比売と云ふ神 持ち加加呑みてむ 

此く加加呑みてば 気吹戸に坐す気吹戸主と云ふ神 根國 底國に気吹き放ちてむ 

此く気吹き放ちてば 根國 底國に坐す速佐須良比売と云ふ神 持ち佐須良ひ失ひてむ 

此く佐須良ひ失ひてば 罪と言ふ罪は在らじと 祓へ給ひ清め給ふ事を 天つ神 國つ神

八百萬神等共に 聞こし食せと白す

現代語訳

高天原(天上)に御鎮まりになられる民族の祖神、カムロギ・カムロミのご命令によって、八百万の神々が集まられて、会議に会議を重ね、議論に議論をつくされた結果、天照大御神は、「わが子孫である皇御孫命(すめみまのみこと天皇)よ、豊葦原瑞穂の国(日本)を、安らかな国として平和に治めなさい」と仰せになり委託されました。

しかし、託された国内には、不平を言っては反対する神々がいましたので、この神たちの考えや不満を何度も聞き直し、また見直しながら、国造りに協力して貰えないか繰り返し相談しましたら、荒れていた神々は、やがてその真意を理解し協力するようになりました。

すると、岩や木や、草の一葉までもがこれに同調し、騒乱の国土はすっかり平穏に治まりました。

そこで、皇御孫命は、高天原の御座所を立たれ、幾重にも重なる雲を搔き分けながら、地上に降臨されました。

このようにして、天照大御神から、委託を受けた皇御孫命は、国の中心の大和の地を都と定められ、盤石な礎石の上に太い柱を建て、屋根は天まで届くかのような高い千木を取り付け、荘厳な御殿をお造りになりました。

その御殿で皇御孫命は、皇祖の神々のお陰を戴きながら、この国を平安な国として治め、さらに努力しますが、国内に生まれ育つ人間というのは悲しいもので、故意の罪や無意識の過ちを犯したりして、数多の罪や穢れを溜めてしまうのです。

皇御孫命は、そのような罪穢れが生じた際に、それを消し去る方法を教えました。

それは高天原の神々の儀式に倣って、細い木の本と末を切り揃え、真中の良いところを細かく裂き、それを祓いの道具に用いて神事を行い、この神聖な祓いの祝詞をを唱えなさい。

このように唱えるならば、天上の神は高天原の門を開かれて、幾重にも重なった雲を押分けてお聞きくださるでしょう。

また地上の神も、人間の様子がよく見える高い山や低い山に登られて、靄や雲や霧を払いのけ、人間の願いをお聞きになるでしょう。

このように、天上の神や地上の神々が、お聞き届け下さいましたならば、四方世界の罪穢れは一切なくなってしまうでしょう。

それはあたかも、風が八重の雲を吹き払うように、また朝夕に立ちこめる霧を風が吹き払うように、あるいは港に繋ぎ止めて不自由な様子の、船の綱をほどき、自由に広い海を航海させるように、また鬱蒼と繁っている木々を、鋭い鎌で切り払えば、回りが明るくなり、爽やかな気持ちになるように、漏れ残る罪穢れは一つもないように祓われて清らかになるでしょう。

このように祓い清められた罪穢れは、高い山低い山の上から、谷間を勢いよく流れ落ちる早川の瀬にいる瀬織津姫という神様が大海原に流し去ってくれるでしょう。

大海原に流されたならば、押し寄せる荒潮がぶつかり合って、渦を巻いている所にいる速開都比売という神様が、大きな口を開けて罪穢れをがぶがぶ飲み込み、海底深く沈めてくれるでしょう。

海底深く飲み込まれた罪穢れは、次の、息を吹き出す所にいる気吹戸主という神様によって、「根の国底の国」という地下の国に遠く吹き放ってしまわれるでしょう。

吹き放ってくださると、根の国底の国にいる速開都比売という神様が、何処とも知れず運び去って、跡形もなく消し去ってくれるでしょう。

このように、あらゆる罪穢れを消し去って戴きますことを、天上の神様、地上の神様、そして八百万の神様ともどもに、どうかお聞き届け下さり、私たち人間の罪穢れを祓い清めて戴きますよう、謹んでお祈り申し上げます。

「大祓詞いとは」

大祓詞とは

大祓詞は、古くは「中臣の祓詞」といわれ、奈良時代以前から存在し、千二百年以上の歴史をもつ古い祝詞の一つです。

しかも神社信仰の唱え詞としては、最も広く普及し、祭りには必ず唱えられる詞としして、現在に至るまで変わることなく、長い生命を持ち続けています。

この祝詞は、多くの神社で行われる六月の「夏越の大祓」と十二月の「大晦日の大祓」に神前で唱えられますが、昔は、それだけに限りませんでした。

時期を限定せずあらゆる祭りの時に参拝者全員で唱えられていたのです

それは現在でも変わりません。

ですので、この祝詞は様々な祈願に用いられることから、「万能祈願詞」と言われることもあります。

そして、唱えれば唱えるほど神のご加護やご利益が増すといわれ、一段唱えたり(一回唱えることを一巻といい、十巻唱えて一段となります)中には数段唱える祭りもあるほどです。

大祓詞は、約九百の文字から出来ています。

般若心経」は二百七十六文字ですから、約三倍の字数になります。

祝詞の文章は、誰が作ったものか明らかではありません。

ということは、国家「君が代」が「詠み人知らず」であるように、大祓詞も民族全体の信仰の詞として生まれました。

つまり神道に教祖や教典がないように、大祓詞も特定の個人が創りだしたものではなく、日本の民族全体の中で自然に出来上がったものであることを意味しているのです。

大祓詞の筋は、民族の祖神の言葉を軸にかたられています。

前段は、葦原の中つ国(日本)平定から天孫降臨し、天孫が日本を治めることになるまでの内容が語られ、そして人々が犯す故意の罪や無意識の罪や穢れの祓い方が述べられています。

後段ではそのような祓いを行うと、罪穢れがどのように消滅するかが語られ、罪穢れが無くなる様をいろいろな例えで表現した後、四柱の祓戸神によって消え去る様子が述べられています。

これは、川の濁流が大海にいくら流れ込んでも、海は決して濁らず、いつの間にか元の清らかな海水になっているように、先人は、海の自浄作用が四柱の祓いの神の働きに因るものだと信じたのです。

元来、祓いというのは、けがれを取り去って清浄になること。

その清浄の究極は、神からいただいた本来の自分に立ち帰ること

すなわち神の心と自分自身が一緒になることにあります

 

私たちは、大祓詞を毎朝、神前や霊前に唱えて、わが家を祓い、わが身を清め、心を涼やかにして、そして少しでも神の御心に近づくように努めたいものです。

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.