" />

僕たち、動物はモノじゃないよ

投稿日:



「さらば!日本のおかしな法律」

動物虐待を絶対に

見逃さない

許さない

猫13匹に熱湯を繰り返しかけたり、バーナーで焼くなどして虐殺した動物愛護管理法違反罪に問われた元税理士の裁判で、東京地裁は12月12日、懲役1年10月、執行猶予4年の判決を言い渡しました。

また未だ記憶に新しい2017年6月にネット上を騒がせた子猫虐殺動画事件では、更に軽微な犯罪として略式起訴で罰金20万円が下されました。

これら2件は、いずれも虐待行為を動画撮影しネットに投稿されたために、それを見た多くの方が警察に通報、SNSでシェアしたことで事件が明るみに出ました。

ですがネットに投稿される虐待事件は氷山の一角に過ぎず、人目のつかない場所や、密室で行われるような表面化していない虐待事件は数多くあります。

 このような大変残虐かつ常習的な犯行であるにも関わらず、対象が動物であるがために、また司法の中で軽く扱われていることから、「罰金」か「執行猶予」で実刑に至らないことに強い憤りを感じますとともに、現在の動愛法の法定刑では実刑の壁が厚いことを私たちは再認識しました。

警察庁は、動物虐待について深刻な犯罪であると認識していますが、法定刑がより厳しい他の生活経済事犯の取り締まりに人員を取られるため、動愛法事案にまで手が回りません。だからこそ、まず動愛法の罰則を厳格化し現場の取り締まりを着実に行うことで犯罪抑止にもつながります。

また動物虐待と暴力的事件との関連性は非常に深く、重大な殺人事件が発生してからでは遅いため、動物虐待事件の早期かつ確実な発見・検挙は、国民生活の安全にとって重要課題です。

私たちは、動物虐待罪の罰則強化を求めます!

動物虐待は、全国各地で起きています


こうしている間にも、異常極まりない動物虐待愛好家の欲求のおもむくままに、動物たちが人知れず残虐な方法で殺傷され虐待されています。


また動物虐待は、凶悪な異常者だけが行うものではありません

一般飼育者や事業者にも当てはまります。


さまざまな環境でさまざまな動物が

痛みや苦しみ

恐怖や不安の中で

正常な行動欲求を満たされることなく

生かされ続けています。


ドイツでの犬の保護に関する法律の一例 

  • 犬の大きさや犬種によって、ケージやサークルの大きさも詳細に定められている。
  • 犬を一人ぼっちにして、長時間留守番させてはいけない。
  • 外の気温が、21℃を超える場合は、車内に犬を置き去りにしてはいけない。
  •  1日最低2回、計3時間以上、屋外 (運動や社会性を身につける)やドックラン (主に社交性を身につけるため)へ連れていかなければいけない。
    ※ これらの法律を違反していると、市民からの通報があり、獣医局やアニマルポリスから指導を受けます。そして 違反が続くと罰則があり、正しい飼い方ができないと判断されれば、強制的に犬たちが没収され、施設で保護されます。

ブリーダー (繁殖者)について  

  • 生後8週間未満の子犬は母犬から離してはいけない。 
  • 犬の繁殖業者は繁殖に使う成犬10頭までとその子犬しか持ってはいけない。
    そして業者はその教育と知識を身につけていることを役所に証明しなければならない。 
  • 生後12ケ月までの犬は鎖に繋いで飼ってはいけない。 
  • 授乳中の母犬、病気の犬は鎖に繋いではならない。 
  • 屋外で飼育する場合は、雨風がしのげ、室温を確保できる保護壁と断熱材を使用し、健康を害することのない素材で作った犬舎であること。
  • 鎖の付け根は固定せずに、最低でも6m以上のレールに取り付けて、自由に動けるようにしなくてはならない。
  • 室内で飼育する場合は、昼夜のリズムが守れるよう採光のための窓の大きさ (室内面積の8分の1)なども決められている。
  • 犬の暮らしに必要な最低面積も犬の大きさや犬種によって、詳細に定められている。
    ※  これらの法律を守らなければ、罰則があります。
  • 反則では、25,000ユーロ(約295万円)までの罰金が掛けられます。

ベルリンでは犬税があり、犬一頭につき、月に10ユ一口 (約1,000円)二頭目以降は、一頭あたり15ユーロ (約1,500円)を納めなければいけません。

また、ヨーロッパ最大のドッグラン (広さ80Oヘクタール=上野公園15個分)もあります。

ベルリン市内には、犬の学校が50校以上あり、ほとんどの飼い主さんは、犬を飼い始めると生後8週齢から生後1歳半くらいまで、自分に合った犬の学校に通います。

 また、しつけやマナーもできているので、公共のバスや電車も子ども料金を払えば、犬も利用できます。

  お店・レストランも半分くらいの数は、同伴が許されています。その分、飼い主さんたちは、他人に迷惑を掛けないよう十分配慮し、犬を飼っている人もいない人もお互いに尊重し合っているそうです。


「人と犬が生涯共に幸せに暮らせる街」

犬は人の良き伴侶というだけでなく、人と人との関係も良くするので、セラピ一犬としても扱われ、精神カウンセリング、エルゴ治療法、理学療法、言語障害の治療、自然治療法にも使われています。そして更に、犬を飼っている人は、飼っていない人に比べて、高血圧が少ない、コレステロールの値が良い、心臓発作で生き残れる確率が高い。

また、何らかの動物を飼っている人は心筋梗塞のリスクが3%減る、動物療法を取り入れている老人ホームは、取り入れていない所よりも、薬の量が20%少ない、などの研究結果が報告されています。

 犬は人間の健康を助けているという点から見れば、国民の年間医療費 2,400億ユーロ(2003年)のうちの0,875%、約21億ユーロを削減できる役割を果たしています。


 

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.