" />

他力本願

投稿日:

他力 = 阿弥陀如来の本願力

あなたは「他力本願」 の意味を、他人任せにするという意味と勘違いされているのではないでしょうか⁉

他力」と言うは阿弥陀如来の本願力です。

他力」の語源は 、仏教にあります

本願力」とは 本願他力・他力本願ともいいます。

本願とは、本当の願い、願望をいいます。

 それぞれの人が、いろいろな願いをもって生きています

その中で本当の願いと言われれば、他のことができなくてもこれ一つ叶えば良い、一番の願いをいいます。

破闇満願

それでは、仏さまの願いとはなんでしょうか⁉

「すべての人を本当の幸せにしたい」という願いです 。

  阿弥陀如来の本願の力とは

無明長夜の闇を破し
衆生の志願を満てたまう

無明の闇を破り、 願いを満たすという意味

阿弥陀如来の本願力 = 破闇満願

無明の闇」とは、私たちの心にある、暗い心のことです。

物やお金に恵まれても、心から満足できないのはどうしてか

それは無明の闇という暗い心があるからだと教えられています。

どんなに大好きな料理であっても

病気にかかっていてはおいしく食べることはできません。

反対に健康で空腹であれば、どんな食事でもおいしく食べられます。

どんなに物やお金に恵まれても心は無明の闇という暗い心

心が病気にかかっているから、心から満足することができないのです。

無明長夜の闇を破し

(この暗い心がなくなり)

衆生の志願を満てたまう 衆

( 本当の幸せになった )

破闇満願させる力が

阿弥陀如来の本願力であり

「他力本願」という意味なのです

無明の闇を破り

心からの満足

幸福を与えるお力です。


-てふてふ通信

Copyright© 新秘 神様・仏様の新しい秘密を知ることができ〼 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.