" />

一生 懸命

投稿日:

舎利礼文

 

 

舎利礼文は大乗仏教の経典の1つ

僅か72字の本文に大乗仏教の主旨が説かれているとされ、釈迦の遺骨(仏舎利)を礼拝する内容から始まる。

一部の宗派を除き一般に葬儀・枕経・回向用の読誦経典の1つとして用いられているが、特に、曹洞宗では開祖(高祖)道元の火葬の際に読誦されたことから重要視されている。

作者は不明であるが、不空金剛が伝えたとも、釈道安が作ったとも言われています。

内容

遺骨の礼拝を通して釈迦の本質や法、世界全体を礼拝し、如来と一体になって悟りを得、神仏の力によって人々を救済し、悟ろうとする心で菩薩行を修めれば、涅槃にいたり大智が完成される。

一生懸命お参りいたします

そりゃすばらしいお釈迦さん

いまはこのストゥーパーの中ですが

あなたの実績はこのストゥーパから

わたしらにふりそそぎます。

だからわれわれは一生懸命お参りするんです

お釈迦さんの徳は

ピカーンとこの身に入り込み

お釈迦さんと一体になったような

おこがましい気がしちゃいます。

それだからこそお釈迦さん

あなた亡き今私にできる事といったら

あなたの姿をきちんと心に刻み

あなたのなさってきた事を実践する

あなたの力をこの身に借りて

みんなに本当の意味での信心を

ほとけになる道を説こうと思います

あなたの教えが守られれば

みんなが平等になり

戦争がなくなります

いまわたしは真剣にそう思うんです

 

「ストゥーパ」という言葉は、支那において「卒塔婆」と漢字に音写されて伝えられました。

これによって、日本においても、舎利がまつられた仏塔や舎利塔のことを、卒塔婆(そとば)と呼称するようになりました。

」という言葉自体も、実はこの卒塔婆を略すことによって生まれた言葉だと言われています。

現代語訳

ありとあらゆる優れた徳を具えている釈迦如来を最上の敬意をもって礼拝いたします。

釈迦如来のまことの舎利と、真理と、その真理を象徴する卒塔婆を、我々が礼敬すると、我々の前に真理は顕現し、入我我入が成就する。

仏陀の残された偉大な教えに従って(ありとあらゆるものを、そのままに見ることによって)、私は悟りを証し、仏陀や悟りに達した諸々の聖者が身にそなえるのと同じ優れた力によって生きとし生けるものを助け、導いていこう。

そして悟りを求める心をおこさせて、六波羅蜜を行い、同じく平安の境地に(生きとし生けるものと共に)至ろう。

すべては変化してやまず、定まった姿形や、しがみつくだけの価値を持たないという意味で、平等なる(ものであるということを悟り、それらにたいする貪り・怒り・愚かさなどの迷妄を捨て滅ぼし)心の平安に至らしめる偉大な智慧に対して、今まさに最上の敬意をもって礼拝します。

「本地法身」

仏陀が悟られた真理そのもの」を意味します。

仏陀は人間として生まれ、苦悩し、しかし真理を悟って、仏陀(目覚めた人)となられ、生きる事の苦しみを克服され、最後は齢八十にて亡くなられました。

その肉体は、若干の舎利を残すのみで滅びたのです。

ですが、仏陀が悟られた真理は、たとえ仏陀の肉体が滅びようとも、滅びることはありません。

いや、仏陀がこの世に出られようと出られまいとも、「全ては変化してやまない、うつろいゆくものである」という真理は永遠なのです。

そのような不変の真理を「本地法身」といいます。

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.