" />

ペットと一緒はいいけれど、夫と一緒はイヤ

投稿日:

切ない話ですが、とても現実的な話ですね・・・

ペットと一緒にお墓に入ることはできる?

ペットは家族の一員であり、一緒に眠りたいという願いをもつ飼い主さんが増えています

ペットと一緒にお墓に入るには、まず墓地の使用規約や管理規定などを確認する必要があります。

人間以外のお骨を入れてはいけない』と規約が設けられている墓地が多く、ペットと一緒のお墓に入ることは難しいケースがほとんどだからです。

 とはいえ、こうしたニーズに応えるべく、ペットと一緒に入れるタイプの墓地や飼い主のお墓の隣にペットの墓石を建てられる墓地なども出てきているそうです。

民営霊園の一部区画

一般の墓地では、ほとんどの場合人間とペットが一緒にお墓に入ることを認められていません。

特に、寺院墓地の場合は宗教上の理由から厳しく禁じられている場合が多いです。

しかし、民営霊園の一部区画ではそれが可能になることもあります。

最近では、人間用の民営霊園でも、その一部にペットと一緒のお墓に入れる区画を設けている霊園があります

近年のペット事情も考え、そのような考慮がされている場所が増えているのです。

どうしてもペットと一緒に、と考えている方は、近くの霊園をインターネットで検索してみるのが良いと思います。

宗教上の理由

宗教上、人間以外の動物は「畜生」に分類されています

畜生」とは仏教の六道という考えで、輪廻転生の一つです

人間よりも下位とされ、生前に悪い行いをしたものが畜生に生まれ変わるという考え方があるのです。

ですから、ペットを人と一緒に埋葬するのはよくないと考えている墓地や霊園が多いのです

実際のところ、ペットの死骸は法律上「廃棄物」という扱いになってしまいます

廃棄物処理法にも動物の死骸は廃棄物という記載があります

長年一緒に暮らしてきたペットを、亡くなったからと言って廃棄物として処理してしまうのはあまりに可哀想ですよね

法的な取り決め

人間とペットが一緒のお墓に入ることについて、法的な取り決めはありません

個人が希望すればペットと一緒のお墓に入ることは十分可能なのです

終活の一環として、ペットと一緒に入れるお墓を準備しているという方もいるほどです。

人間が亡くなったときは、「墓地埋葬等に関する法律」に従って供養が行われます

この法律には墓地以外の場所に遺骨を埋めてはいけないなど、人間の死後に関する様々なことが定められています。

動物にも供養方法にルールがないわけではありません

そのあたりにしっかりと従うことができれば、法律上は可能ということになるのです。

では、法律上の規制がないのにも関わらずなぜだめだと言われるのでしょうか?

慙愧

お釈迦さまの『涅槃経』には、「慚は人に恥ず、愧は天に恥ず、これを慚愧と名づく、無慚愧は名づけて人とせず。名づけて畜生とす」とも説かれています

慙愧においてはじめて人を人として敬うことが成り立つのです。

慙愧の心がなければ、人間関係を生きていながらも相手を人として見ることができません。

慙愧によって人と人との間を生きる、文字通り「人間」たらしめられるのです。

 慙愧とは 自己に対して恥じること、自分の言動を反省して恥ずかしく思うこと。

また、龍樹菩薩さまの『大智度論』には、「恩を知るは大悲の本なり、善業を開く初門なり。恩を知らざるものは畜生よりも甚だし」と説かれています。

犬は3日飼えば恩を忘れないと言われるのに、恩知らずな人は、畜生よりもお粗末だ、ということです

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.