" />

パーラミター 波羅蜜多

投稿日:

 

お盆とお彼岸の違いについて

お盆」と「お彼岸

現代日本では

どちらも先祖供養をする日となっていますが

その違いって何⁉

どちらもお墓参りをする日なんだろうけど!

知ってるようで

聞かれると説明できない

そんな

お話を致します。

お盆とお彼岸の違い

お盆とは

 先祖が自ら私達のところまで来てくれるのをお迎えし供養し、再び送り出します。

お彼岸とは

一年の中でこの世とあの世が最も近くなる日ですので、私達が先祖の元に出向いて供養をします

お彼岸とは

お彼岸は、「春分の日」と「秋分の日」を中日として、それぞれ7日間にわたり行われる日本独自の仏教行事

・春分の日と

自然のあらゆる生命が若々しく萌えあがるときなので

自然を称え・生物を慈しむ「希望の日

・秋分の日と

祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ「追憶の日

春分・秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じで、太陽が真東から昇り真西へ沈む日です。

仏教による「極楽浄土は西にある」という教えにより、太陽が最も西に沈む春分・秋分の日は、この世(此岸)とあの世(彼岸)が最大に近付く日とされ、このため先祖供養を行うのによいとされてきたのです。

この世=此岸

あの世=彼岸

彼岸花

彼岸花にはたくさんの別名があります。その数は1,000をこえるとも言われています。

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)有名な別名ですよね。

曼珠沙華はサンスクリット語で「天界の花」という意味です。

死後をイメージしてしまいそうになりますが、天界に咲く花は良いことの前兆、おめでたいことが起こるときに、天から花が降ってくるという話が仏教の経典に書かれているんです。

また、曼珠沙華には「見る人の心を柔軟にする」 という意味もあるようです。

お彼岸は、サンスクリット語のパーラミター波羅蜜多)の意訳「到彼岸」が語源とされています。

「到彼岸」とは、仏教では

・人間のいる「迷いの世界」を「此岸(しがん)」と呼び

・神仏のいる「迷いのない・悟りの世界」を「彼岸(ひがん)」と呼び

衆生に「彼岸(さとりの世界)へ到ること」をすすめていますが、修行により「さとりの世界へ到達する」ことを、「到彼岸」と言います。

彼岸とは、仏教用語でいう涅槃極楽(あの世)を表しており、私達が住む世界を此岸と言います。

太陽が真東から昇って真西へ沈む春分・秋分の日を中日として前後3日計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に修業をするのがよいともされています。

六波羅蜜(ろくはらみつ)

到彼岸(さとりの世界へいたること)」のために、仏教では6つの修行を説いています。

1.布施(ふせ)惜しまず施す(与える)こと

2.持戒(じかい)戒律を守ること

3.忍辱(にんにく)苦しみに耐え忍ぶこと

4.精進(しょうじん)たゆまず努力すること

5.禅定(ぜんじょう)瞑想によって精神を集中・統一すること

6.智慧(ちえ)1~5によって完成された智慧を得ること

お彼岸のお供え物

お彼岸のお供え物と言えば「ぼた餅」と「おはぎ」ですが

ぼた餅を漢字で書くと「牡丹餅」春に咲く牡丹から

おはぎを漢字で書くと「お萩」中秋の名月に供えるから

実はこの2つ、材料から作り方まで全く同じ食べ物で、違うのはその呼び方だけなの知ってましたか‼

何故?ぼた餅・おはぎなのかと言いますと、材料に使われる小豆の朱色が、災難から身を守る除厄の効果があるとされているからです。

-新秘

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.