" />

パワースポット(4)

投稿日:

 



 

 

 

塩竈神社

古くから東北を守る陸奥国(むつのくに)の「一の宮」として、

朝廷を始めとする庶民から篤い崇敬を集めてきた神社です。

一の宮とは、その地域における最も社格の高いとされる神社のことです)

創建は1,200年以上前と伝われ、全国にある

「塩竈神社」の総本社という由緒正しい神社になり〼。

塩釜神社はその名の通り、主祭神として「塩の神様」であり〼。

塩土老翁神(シオツチオジノカミ)をお祀りし、塩の神・安産の神として庶民の信仰を集め

「海・塩」の浄化のパワーを授かれるのはもちろんのこと「漁業・水産」に関わる

仕事をされている方には是非おすすめしたいパワースポットです

釣りが好き趣味なんて方も大漁祈願に安全に感謝に良いですね。

塩竈桜

境内には天然記念物にも指定されてい〼

塩竈桜」という桜が54本植えられてい〼。



パワースポット

男坂

 

塩釜神社は「浄化作用」のとても強い場所になり〼。

普段の自分の中に溜まった悪運を浄化し、更に運気を向上し

新しい幸運を与えてくれるというご利益を授かれる場所になります。

表参道にある「男坂」パワーを強く感じられるスポットの一つです

202段の階段からなり、傾斜は正直きつく、体力に自信のある方なら大丈夫ですが

自信のない方は、神社駐車場の方から入り、随神門の前からこの階段を見下ろしましょう

力が溢れている場所ですので、是非男坂を登ってたっぷりパワーを吸収しましょう。

七曲坂

境内の中で最も「神聖なエネルギー」を発している場所になり〼。

七曲坂(ナナマガリサカ)」神社最古の参道で、文字通り曲がりくねった坂が続いています。

この道は主祭神「塩土老翁神」が通ってきた道とされ、「神聖な神道」です

此方の場所で、神聖な空気や木々に触れているだけでもエネルギーを頂け〼。

左右宮拝殿

ここ一番!「目的を達成したい」という方に是非おすすめのパワースポット

男坂から鳥居をくぐり、正面の社殿が「左右宮拝殿」になり〼。

左宮には「武甕槌神(タケミカズチノカミ)日本神話最強の武神、勝利の神様です。

右宮には「経津主神」(フツヌシノカミ)霊剣・布都御魂(ふつのみたま)を神格化した、とても強い力を持つ刀剣の神様

をお祀りしていて、戦いに打ち勝つパワーを授けてくれると言われ、どちらも戦いに関する強いご神徳を持つ神様です

※此方は、主祭神「鹽土老翁神」の祀られている拝殿ではありませんのであしからず

随身門を通り、さらに唐門を潜るとすぐ右側にある「別宮」にお祀りされています。

別宮」とされてますが、これは「特別」といった意味でござい〼。



しおがまさま神々の月灯り

毎年10月頃に開催される「しおがまさま神々の月灯り」

写真でも解るようにとても綺麗ですね

しおがまさま」こと志波彦神社・鹽竈神社の表参道と境内が、灯りに彩られる。

笙や笛といった日本古来の楽器が奏でる音色に包まれた境内では、紅葉とお月さまも風雅に競演。

県内有数のパワースポットとして知られる「しおがまさま」で一年に一度きり

神々にひときわ近づく幻想的な世界をぜひ体感しよう

同時開催の御釜神社ライトアップも必見。

追記

猿田彦の石碑の足下に見えるのが

おこしかけの石

江戸時代の古文書にも

影向石」や「神憩石

という名前で出てくるそうです

一説によると写真の石ではなく

もっと巨大な石が

このあたりに埋まっている

とも言い伝えられており〼。

案内の神 「猿田彦」の神のご利益

塩釜神社には、安産の神様とも呼ばれていますが

実はこの神様こそが猿田様であり〼。

 

「みちひらき」の神様

猿田彦神社の主祭神である猿田彦大神は「みちひらき」の神様と言われ

みちひらきとは、進むための道を切り開いてくれる、とても素晴らしい神様です

猿田彦大神、みちひらきの神様には伝説があり

天孫降臨の際に宮崎県の高千穂に「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が降り立った際に、御案内した神様が「猿田彦大神」でした

伊勢の地から全国へと開拓を進めた神様、道案内や開拓をした功績から

物事の始まりに道しるべになってくれる神様として親しまれ

新しい道を目指そうとしている時には成功するように願えばご利益を頂け

また、進むべき方向に迷いや、上手く進まないなど猿田彦様にお願いをする事で後押してくれる

ご利益を味わうことが出来る事をお約束します

道のりの安全を守ってくれるとも言われていることから 

赤ちゃんの産道の道しるべともなり、無事に赤ちゃんを産む事ができる所から 

「安産の神様」と言われるようになりました。

安産の神これは猿田彦

塩釜神社とお釜神社の繋がり

古来、塩は人にとって貴重で大事なものでした

塩は海水から作り、藻塩を作っていました

この藻塩を作る為に使われた釜だけが残りお釜神社となりました

また塩釜神社は海の神様でもあります

この海水の塩分濃度と胎児がいる羊水の濃度はぴったり一致し、羊水は海水のようなものであり〼

そして「猿田彦」は岐路に立った人の道案内をします

まさしく、赤ちゃんの人生そのものを良い方向へ導くありがたい神様といえますね。

 

-摩訶不思議

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.