" />

お釈迦様からの言葉

更新日:

 

虐め(イジメ) 自殺について

自殺をする者は愚かである

しかし

最も愚かなのが

虐めている本人である

虐め」と言うのは

殺人的行為であり

極めて残酷なもの

だと 世の人々に

知って頂きたい

自分の方が

優れているかの様に

敵対心を持ち 

周囲を硬め 

あたかも

自分の方が権力があると

思い込ませる

いわゆる

マインドコントロール

ではないだろうか?

もし

虐められてると感じている人が居るなら

是非この話に耳を傾けて欲しい

 

 

何故「虐め」があるのか

相手と自分を比べた時 自分に持っていない部分を認めようとしないさま

相手に魅力を感じそれが 様々な感情を芽生えさせる

「僻み・嫉み・辛み」からイジメが生まれる

 

 「僻み」

僻み(ひがみ)とは

ひねくれた考えや気持ち

歪んだ考え方や 偏見をもった考えや気持ち

相手を既に悟ったかのような 論破したような見透かしている体を装い

いつも無意識的に騙されない様 何事も曲解して受け取ってしまったり

物事をやたらマイナス方向に捉えてしまうこと。

そうして どうせ騙すつもりなのだろう!

どうせこう考えているのだろうと

疑って掛かるような印象

嫉み

嫉み(そねみ)とは

そねむこと ねたみ 嫉妬

誰かが、自分には無いものを持っていて…

それが悔しいと感じ、憎んでしまう感情。

何故自分には無くて他人にはあるのか

そのどうしようも出来ないジレンマと

フラストレーションがストレスになり

現れてしまう感じでしょうか。

「辛み」

辛み(つらみ)とは

つらいこと。つらい気持ち

恨み辛みのつらみです

お釈迦さまの教え

何故

虐められるのかを

悟る事ではありません

相手を許す心を持ちなさい

許す事とは

最も難しい事であります

人を恨んだり

憎んだりする方が簡単です

然り

優しさと云うのは

武器になるのです

その優しさがあれば

周囲から認められ

強さになるのです

 

無理に自分を変えるのではなく

先ず「どの様な自分になりたいかを想像する」だけで良いのです

将来の夢でも良い とにかく何でも良いのです

想像しただけで 違った人生を歩む事が出来るはずです

もし夢があるなら 夢に向かって突き進むべきです

学校が嫌なら無理に学校へ行く必要なんてないのです

家でだって勉強が出来るはずです

現代では インターネットを通し 様々な勉強方法もあり〼

昔は そうも行きませんでしたが 母親が先生となり 色々な事を教えてくれた時代でした

しかし 今は違います。

もし あなたや友達が 虐めにあっているのなら 気に病む事はありません

 

 

何故なら 誰にも負けない魅力があるのですから

権力に撒けるのではなく

あなた達が 権威を持ちなさい

何故なら権力より権威の方が凄まじい力なのです

 

・権威:信頼があり、心理的に周りの人を服従させることができる

人を服従させるという意味では「権力」と同じだが

信頼関係が成り立っているからこそ可能な服従のため強制ではない

信頼関係を築く背景には支配者の専門的な技術や知識が心理的に大きく影響している

 

・権力:他人を強制的に何かさせることができ、物理的に動かせることができる

時と場合によっては威嚇や暴力などで社会・人を服従させることもある

 

権威」を持った人間とは

今から言うことは 誰にでも当てはまる事だから 是非覚えていて欲しい言葉でもある

自分がなりたい人間像を想像すること そして 想像した通り生きること

そして ゴールに忠実で 一貫性があり決して中途半端なことはしない

そして 他人から憎まれることを恐れず人の言葉に耳を傾け 勉強熱心な人だ

そして、「権威」を得た人こそ強制的に人を服従させることができる「権力」を持てるのだ

 

 

最後に

自殺を考える事よりも

どの様に生きたいかが

問題ではないだろうか?

 

死と言うこととは

亡くなってから自分の事を 忘れられるという事

つまり 無縁仏になって初めて死ぬのであり

家族や友達に思って貰って 供養される事は生きてるのと同じ事であり〼

-てふてふ通信

Copyright© 新秘 新しい秘密を知ることができ〼 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.